• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Webデザイナーとしての資質?一番最初にぶち当たる上司や先輩の高い壁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

4月に入り、新人Webデザイナー、マークアップエンジニアとして
スタートされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

スタートされた時点での自分のスキルにもよるかと思いますが
4月も半ばに入ったこの時期になると打ち拉がれてる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

企業の規定によりますので残業に関しての云々は後述するとして…

まずは技術的に着いていけてますか?
僕の場合、Web業界スタート時のスキルがPhotoshopが多少使えるよ程度だったので
いざ会社に入りスタートさせた当初はほとんどパニック状態であった事を思い出します。

一般的にテーブルレイアウトが主流であり、cssが出回りはじめた頃ではありましたが
当時の会社もcss主流になりつつある流れの中に入った為
html/cssをまともに理解できていない僕は、先輩や上司が何言ってるのかサッパリでした。
まるで英語で会話しているようでした。ほんとに…

当時はWebデザイナーという職種が向いてないのか才能がないのかと随分悩みました。
ただ冷静に考えて、何事も最初からできる人なんていないんですよね。
努力もせずに諦める事を辞めました。

今はネットで色々なトピックスが溢れ返っている状態なので
わからない事があればググれば知識を得る事ができます。
僕の当時の手法とはちょっと状況的に違いがあると思いますが
とにかく知識を詰め込む為にWebに関する書籍を月に2〜3冊読破していきました。
書籍とのフィーリングは個々に違うと思いますが
僕の場合、単にツールの使い方や解説が中心になる書籍は選ばず
その書籍を購入する事によって、どのような作品ができるのか明確な書籍を選んでいました。
要は完成図が予めある書籍という事です。
単純に完成形のイメージが頭の中に描かれていて
その目的に向かって勉強しているとモチベーションが違ってきます。

デザインに関しての書籍は主にグラフィック系の書籍を買いあさっていました。
多少、Webデザインの書籍を読みましたが
Webデザイン力を学ぶのであれば、以前にエントリした記事を参考に進めた方が力が付きます。

デザイン力を伸ばす最速最短の方法

今や減退してますが、Flashは面白かったんですけどね…

とりあえず悩んでいる時間があれば努力をしよう

特にWebデザイナーという職種だけに向き不向きはないと思います。
いかに人の立場に立って物事を考えられるかどうかという感受性の方が
Photoshopなどツールの小手先よりも重要だと思っています。
そのデザインで伝わるか
そのユーザーインターフェースは使いやすいか
など…
どのような仕事でも努力したらできると思っています。
とはいえ最初は上司に傷付く事ばかり言われると思います。
心が折れそうになったらまずその仕事が好きなのかどうか振り返ってみてください。

大丈夫。最初からできる人はいません
何年後かあなたが部下を持った時、当時の上司に言われた同じ事を部下に言っていると思いますよ。

Ads
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Ads