• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

中途採用で入社してから絶対に意識しなければいけない3つの事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

またマインドのお話です。
みなさんは自分の役割を認識されてますか?
新卒採用と中途採用では大きな違いがあります。
これからの成長を期待する新卒採用と、
今までの経験を活かして頂きたい中途採用と会社側は採用する目的が違ってきます。
これだけで人事側がどのような目線で採用を決定しているか、なんとなくわかると思いますが、
新卒は成長する可能性があるのか人間的な部分を主に見ていて、
中途は今までの経験や知識を主に見て判断しています。

最近気になる事がありまして、人事目線で、
主に業種未経験の中途採用枠で転職をされた方へ向けてエントリしてみます。

まずは中途で採用する会社の意図を理解しましょう。

最近は書類選考通過率が著しく落ちている印象があります。
原因はなんだろうと色々と考える所はあるのですが、
エントリーシート等を見て「何もできないけど応募してみた」という印象が強いです。
PRとかきちんと記述されてはいるのですがPRになっていないとか…
なんといいますか、特にWebデザイナーの応募はアルバイトの延長線上のような方が多いです。
求人内容でアルバイトや契約社員、業務委託などの募集であれば…という事もありますが、
(本当は良くありません!)
正社員での募集でも同じような感覚で応募されている方が多いような気がします。

中途での採用は、自分が会社にどのような貢献ができるのかが最大の鍵になります。
勿論、あなたが目指す職種に対してどこまでできるのかも重要です。

中途採用の目的は「即戦力」である事を理解し、
もしあなたがその会社に入社した場合、どのような効果が得られるのかを具体的にPRしていきましょう。

中途で入社してからがスタート

前置きはさておき、無事に入社されてからのお話です。
あなたは入社されて何ヶ月目?何年目ですか?
今あなたが会社を辞めたとして多大な損失が出るかどうかを考えてみて下さい。

問題は退職しても何ら支障がない人材です。
今「自分は会社に必要とされているから大丈夫だ」と思った方
本当にそうでしょうか。
安易に自己分析していないでしょうか。

良く耳にする話ですが、
友人や身内などに「自分はこれだけやってるのに給与が上がらないんだよね」と相談した場合
「その会社はひどいね」と、ほぼそのような回答が得られるでしょう。
友人や身内はあなたの味方であり、全く関係のない第三者だという事を忘れないでください。
あなたが実際にどの程度できる人材なのか正当に判断はしません。
愚痴を聞いてあげている程度しか考えてないでしょう。

では、このような視点ならどうでしょうか。

あなたが経営者だったらあなたを必要とするか。

特に中途採用に限っては求人情報に掲載されていた条件は「できて当たり前」なのです。
会社はそのできて当たり前の仕事と会社の事業内容に沿った、
プラスアルファの動きや才能を見出した時に評価をします。
それがあなたの武器となり、会社にとって必要な人材になっていくのだと思っています。

まとめ

1.中途採用の目的は「即戦力」であるという意識を持つ事。
2.常に第三者目線で自己分析をする事。(可能であれば職場の同僚や先輩に聞いてみる)
3.できて当たり前以外の武器を身につける。

成長具合はひとそれぞれペースがあるとは思いますが、
中途採用に限っては、まず会社は待ってくれない事を理解しましょう。

参考になるかわかりませんが
僕はデザインやコーディングなど全くわからない状態で入社し(奇跡に近い…)
3年後にはデザイン、コーディングはもちろんWordPressまでを習得し
転職後はデザイナーとして採用されましたが、いきなりマネージャー&ディレクターにされました…;D

あくまでも会社側の人事目線でのエントリですが
中途採用という重みを少しでも感じて頂ければ幸いです。

Ads
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Ads