• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Webデザイナーの僕がPHP言語を習得しようとした訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

デザイナーとして貪欲に取り組んだ1年半

Webデザイナーとして入社した当初はデザインの事で頭がいっぱいでした。
先輩同等のデザインをするにはどうすれば良いのか。
様々なデザイン集を眺めて、僕のデザインと何が違うのか。
だいたい1年半くらいは脇目も振らず、向き合ってきたと思います。
もちろん自分のデザインがWeb化できなければ話になりませんので
html/cssの知識も平行して勉強していました。

なんとなくこの頃からデザインの修正が減ってきて
営業から「クライアントに気に入ってもらえたよ」なんて言われたりと、結果が出始めた頃です。

要望に応えてくれないエンジニア

当時の勤務先は独自のCMSを開発し利用していて主要言語はPHPでした。

プログラムの事は一切わからず、様々なWebサイトを見ては、「この機能良いな」なんて思ったりして
半ば強引にデザインへ組み込み、エンジニアへ「こんな事したいんですけど」と相談したりしてました。

社内の体制や人間性にもよると思いますが
率直に言ってしまえば、エンジニアが働いてくれない職場でした。

今思えば、CMSに拡張機能を盛り込めば、様々なリスクを考慮しなければならないので
エンジニアにしてみれば「めんどくさい仕事」この上なかったのだと思います。

多少の反骨精神は必要

そう。
僕がPHP言語を学ぼうと思ったのは、この時の「怒り」からでした。

他のWebサイトが実現できているのに、なぜうちの会社ではできないのか。

Webスクールとか選択肢は色々ありましたが
とにかく高いと思ったのと、どうせカリキュアラム通りなんだろうと判断し
親身になって本気で教えてくれそうなスクールを探しました。

そこでPHPとMySQLを学び、エンジニアに頼らず、クライアントのニーズに応えれるようになり
会社でも評価してもらって、直接クライアントとやり取りもさせてもらえるようになったりとメリットは大きかったです。
オブジェクト指向はハードルが高いので結構しんどいと思いますが
幸い、当時扱っていたCMSは意外と簡単なPHPで構築されていたので、なんとか理解できました。
きちんとしたCMSはそんなに敷居低くないと思いますので、同じような環境化を得れる方は少ないと思いますが
とにかく、僕がプログラム言語を学ぶきっかけは、この「反骨精神」からです。

やりすぎは社内の歪みになるので注意が必要ですが、多少この反骨精神は必要な職種だと思います。

プライドを持って仕事をしよう

ある意味、職人というカテゴリに入る職種だと勝手ながら思っている訳ですが
制作する物に対して、「プライド」を持つ意識が大事だと思います。

その意識さえあれば、めんどくさいとは心で思ったとしても
自分が生み出す物へのプライドがあれば、歯を食いしばってでもできるはずです。

やっておいて損になる事はない

その後、Movable TypeというCMSが有料になるという歴史もあったりして
WordpressというCMSの需要が一気に高まり、今でも非常に良く使われているCMSになりますが
おかげさまで、なんなく扱えているので、当時のエンジニアには感謝してます(笑)

無料で学べるプログラム言語リンク

今や無料でプログラミング言語を学ぶ事ができるWebサービスが色々あります。

ドットインストール
Codecademy
CodeStudy
Progate

個人的に非常に面白いと思ったのはProgateです。

なんとなく使った感想の記事がありますので
気になった方は見てみると良いかと思います。

HTML/CSS・PHP・jQueryを無料で学習できる「Progate」が面白い

Ads
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Ads